Redmineから学ぶRuby on Railsの使い方【環境構築】

Redmineってなに?

Jean-Philippe Lang氏が公開したオープンソースです。Railsのバージョン1.0リリースが2005年、Redmineの初版は2006年のリリースされました。つまりは、Railsのプロフェッショナルなソースコードを拝める・・・!

なんでRedmine?

Railsで作成されたオープンソースは他にもあります(GitLabとか)。しかし、Redmineは機能がシンプルでわかりやすく、実務で使うケースも多い、といった理由で題材にするメリットがとても大きいです。そしてそして、以下に挙げるWebアプリケーションのスタンダードといえる機能が網羅されています。

  • コンテンツのCRUD機能(正規化されたテーブル構造)
  • アカウント登録
  • ログイン/ログアウト
  • ロール管理
  • 検索機能

Redmineをローカル環境に構築する

ソースをダウンロード

$ git clone https://github.com/redmine/redmine.git

データベースのコンフィグファイルを編集

config/database.yml.example を config/database.yml にリネーム

デフォルトでmysqlサーバが設定されているので、環境に合わせて変更する。

development:
adapter: mysql2
database: redmine_development
host: localhost
username: root
password: “”
encoding: utf8

DBスキーマとテーブルを生成

$ rails db:create
$ rails db:migrate

動作確認

サーバ起動して http://localhost:3000 にアクセスします。

$ rails s

↑のような画面が表示されたらオッケーです!