Hulu 海外ドラマ ウォーキングデッド シーズン1全話のあらすじ・感想 ※ネタバレあり

Pocket

第1話 目覚めの朝

あらすじ

保安官のリック(主人公)と同僚であり親友のシェーンは、緊急無線により応援要請が入り、現場に急行する。現地で犯人と銃撃戦になり、リックは逃走犯に撃たれてしまう。病院で昏睡状態から回復し、看護師を呼ぶが人の反応がまったくない。異変に気付き、非常口から外に出ると――そこには、おびただしい数の死体が並んでいた。まだ回復しきっていない体を何とか動かし、自宅へ戻る。しかし、家族の姿は無かった。リックは家の前で途方に暮れていたところ、モーガンの息子に後頭部を殴られ気絶してしまう。目を覚ましたリックは、モーガンに「噛まれていないか?」と尋ねられる。モーガンとの会話で町を徘徊しているウォーカーと言われるゾンビのことやアトランタは軍が配備されていること、疾病対策センター(CDC)が問題解決にあたっていることを知る。家族を探すべく、アトランタへ向かった。

感想

冒頭のリックとシェーンの会話で、シェーン牧師が冗談交じりに女性をディスってる発言がユーモアで笑えました。しかしその後、ウォーカーが蔓延する殺伐とした世界に変わったところでリックは目覚めます。ゾンビが蔓延する世界でサバイバルする、バイオハザードに似た印象を受けました。ウォーカーが発生した原因がどのような過程で明るみになっていくのか楽しみです。しかし、逃走犯に撃たれたり、少年にスコップで後頭部を殴られて気絶したり・・・災難つづきの主人公には同情します(;´Д`)

第2話 生き残るための方法

あらすじ

アトランタ市内に来たリックは、ウォーカーの大群に囲まれてしまう。危機一髪のところでグレンに助けられ、デパートの一画に避難している生存者のグループと合流する。しかし、グループのメンバーであるメルル(薬物中毒)が狙撃発砲していたことで、ウォーカーが集まってしまう。それをとがめたメンバーのTドッグと殴り合いとなる。仕方なくリックがメルルをたたき伏せ、手錠で拘束する。いつウォーカーに侵入されるか分からない。なんとか脱出するため、ウォーカーの死体をバラし、血と内臓を衣服に塗り、気づかれないように移動する。見事に駐車場のトラックまでたどり着き、生存者のグループを迎えにいった。しかし、Tドックはメルルの手錠の鍵を排水溝に落としてしまい、メルルは置き去りとなってしまう。

感想

2話にして早くもゲームオーバーかと、ドキドキ、ハラハラする場面が多かったです。進撃の巨人みたいにウォーカーの中にも奇行種がいるのかな。デパートの入り口のガラスを石で割ったり、若干小走りしたり、フェンス登ったりと、知性が残っているウォーカーがいたような(怖)。ウォーカーに知性は、ダメです。反則です。ノーカンノーカン。ウォーカーの血と内臓を衣服に塗っていましたが、ウィルス感染しないか心配です。

第3話 命を懸ける価値

あらすじ

生きたまま手錠でつながれたメルルを残し、リックたちはキャンプ場へ向かう。そしてキャンプ場では、思いがけず妻のローリと息子のカールに再会する。キャンプのメンバーのダリルは、兄のメルルを置き去りにされたことを聞き、Tドッグに怒りをぶつける。リック・グレン・Tドッグ・ダリルは、メルルを救出するため再び市内へ。しかし、そこにはメルルの姿はなく、切り取られた手首があった。メルルは自ら切断し脱出していたのだ。

感想

乱暴者メルルの弟、ダリルが登場。森の中、クロスボウでシカやリスを射止めて、キャンプのメンバーの食料を確保したりと、できる弟です。一方、そのほかのキャンプの人間関係は色々と面倒なことになっています。ローリは、シェーンからリックが死んだと知らされていたが、生きていたのでシェーンにもう近づくなと怒鳴りつける。エドが妻のキャロルに暴力をふるい、シェーンが仲裁に入るが、ローリに軽蔑を受けた苛立ちから必要以上にエドを殴る。いつウォーカーに襲われるか分からない状況なのに、何をやっているんだ君たちは。

第4話 弱肉強食

あらすじ

アトランタ市内でメルルが見つからなかったため、次の目的である武器の回収をすることに。グレンの作戦通り、戦車付近に置いてあるバッグを回収することに成功した。しかし、市内の生存者ミゲルの仲間にグレンはさらわれてしまう。ミゲルの仲間のもとへグレンを返還するよう交渉に向かうが、リーダーのギレルモは高圧的な態度を示し、交渉は決裂。一触即発の事態となるが、突如としてあらわれた老婆にギレルモの態度が変わる。老婆に導かれ、リックはギレルモたちが老人たちを守るために戦っていたことを知る。リックは銃と弾丸を分け、グレンと共にキャンプ場へ戻る。

感想

ダリルがお兄ちゃん大好きっ子なんだけど、なんでだろう。過去に何があったのか気になるところです。
市内にまだ生存者がいたと思ったら、チンピラ出現。高圧的な態度でギレルモうぜぇぇぇ!って思いましたが、あんなにウォーカーで溢れかえっているのに、老人たちを守るために残っていたとは・・・。めっちゃカッコイイ奴でした。ひとまず、メルル救出部隊は全員生存してキャンプ場へ帰れてよかった。

第5話 救いを求めて

あらすじ

キャンプ場では、ウォーカーが現われて、エイミーも含めた数人が犠牲になる。そして、ジムもウォーカーに噛まれていたことが判明する。リックは「疾病対策センター (CDC) が治療薬を開発している」という話を聞いたことがあると言い、ジムを助けるためにもCDCへ行くことを提案する。シェーンは陸軍基地であるフォート・ベニング基地へ行くべきだと提案する。翌朝、シェーンは意見を翻しCDCに行くことに同意する。CDCへ向かう道中、ジムの容態が悪化したため、自身で車を降りることを決意。車のガソリンが尽きようとしていたところ、ようやくCDCへ到着。しかし生存者の気配はない。CDCの入り口で助けを懇願したところ、シャッターが開く。

感想

予言能力があるジムは生き残ると思っていたんですが、早くも脱落しました。リックとシェーンは意見の対立がたびたび起きています。今後の関係性がどのように変わっていくのだろう。ローリと不倫していたこともあり、不仲になるのは確実だと思いますが。

第6話 残された希望

あらすじ

疾病対策センターにたどり着いたリックたちは、ウォーカー退治のために銃を持つジェンナー博士と出会う。そして博士は、血液検査を条件に彼らを迎え入れる。リックたちは、住居設備の整った施設で食事をし、ワインを飲み、久々に安らぎの時間を過ごす。その翌日、ジェンナー博士はウォーカーとなる症状について、被検体だった『TS-19』が脳組織を侵されていく映像を見せ、微生物かウィルスか、寄生虫か菌かもしれないと言い、いまだ原因が分かっていないことを打ち明ける。また他の施設とも連絡が取れない状況となっていた。デールは秒読みのタイマーを見つけ、これは何だとジェンナー博士に問う。発電機の燃料が切れる――燃料が切れた場合、施設ごと汚染除去(核爆弾に匹敵する大爆発)されることを知る。タイムリミットまであと30分。なんとか正面玄関を破り、脱出に成功する。一行は、フォート・ベニング基地へ向かう。

感想

シーズン1のラストです。CDCにたどり着き、当面の安全は確保できたかと思いきや、つかの間の休息でした。しかも治療薬の開発は出来ていない。アンドレアはタイムリミットの爆発までここに残ると言いましたが、気持ちがすごく良く分かる。家族を失い、いつ無残に死ぬか分からない状況下、絶望しないほうがおかしい。けれども、デールおじいちゃんが「君が行かないなら儂も残る」とアンドレアを説得。デールおじいちゃん、やさしい。
リックがCDCを去る時にジェンナー博士に耳元で言われたのは、何だったんだろう。